恋をすると綺麗になるっていうけれど、それってどうして?

美容にとって良いホルモンがたくさん分泌される

恋をすると、フェニルエチルアミン(PEA)、エストロゲン、ドーパミン、オキシトシンというホルモンが分泌されるのです。

フェニルエチルアミン(PEA)は食欲を抑えたり、便秘を解消したりする作用が期待出来ます。食欲が抑えられることで痩せて綺麗になれます。また、便秘が解消されることで肌荒れなどが改善されるのです。さらに、フェニルエチルアミン(PEA)にはウエストを引き締める効果もあるため、女性らしい体型を手に入れることが出来るのです。

エストロゲンは、コラーゲンの生成を促して肌にハリを出す作用や、水分や皮脂の分泌量を整える働きなどがあります。また、胸を大きくする働きもあります。

ドーパミンは交感神経を活発にする作用があります。そのため、ドーパミンにも食欲を抑える働きが期待出来るのです。ドーパミンが多く分泌されていると、モチベーションがアップして行動も前向きになる傾向にあります。綺麗になるために様々なことに取り組む意欲が湧いてくるというのも、恋をすると綺麗になるといわれる理由の1つでしょう。

オキシトシンは、精神を安定させる作用があります。心に余裕が生まれ、言動や行動の物腰が柔らかくなる作用があるのです。雰囲気が柔らかくなることで、見た目だけではなく内面からも綺麗になれます。

恋をして綺麗を手に入れよう!

恋をするとたくさんのホルモンが分泌され、綺麗になることが可能になります。綺麗になりたい女性は、恋をしてみるといいかもしれません。

品川美容外科の起訴まとめサイト