スタイル良く見せたい!教えて!細く見える服ってどんな服?

痩せて見えるためには色選びも大切!

服を選ぶ際には、同じデザインでもカラーによって見え方が変わってきます。カラーバリエーションがある服であれば、黒や寒色系を選ぶことですっきりと細く見えるのです。

白や淡いピンクなどはふんわりとした雰囲気が漂い、体型もふくよかに見えてしまいがちです。特に白は膨張色なので、横に大きく見られてしまうのです。

スリム体型に見られたいなら、白より黒です!

ウエスト位置に気を付けて!

ワンピースなど上下が続いている服の場合、ウエスト位置が下腹部の辺りになっているデザインの物も見られます。通常のウエストよりもやや下にベルト位置が付いている場合などは、着てみるとダボッとした雰囲気になりがちです。

ゆったりと部屋でくつろぐときのマキシワンピースなどであれば、そのようにウエスト位置が下の物もらくちんで良いでしょう。けれどもお出かけのときは、ウエストラインは通常のウエスト位置にあるほうが、スタイルが良く見えます。

ウエスト位置にも気を付けて、服を選びたいものですね。

ボーダー柄にも注意!

四季を通してボーダー柄の服は人気があるものです。

けれども横じま模様というのは目の錯覚で、どうしても横に長く見えてしまいがちです。

ラインの模様を選ぶのであれば、横じまよりも縦じま。つまりボーダーよりもストライプ柄の服を選ぶようにしましょう。

ストライプは縦に長く見えるので、スリムに見てもらえますよ!

どうしてもボーダー柄が着たい場合は、メインカラーが黒やネイビーのものを選べば引き締め効果があるでしょう。

品川美容外科の提訴まとめサイト