生活習慣を見直そう!基礎代謝アップでおなかを引き締めて

朝の過ごし方を見直してみよう

日常生活のちょっとした工夫により、基礎代謝はみるみるあがっていきます。代謝をあげるためには、サーカディアンリズムに沿った生活を送るのがマストですよ。できるだけ早起きをしたら、肩をぐるぐると前後10回ずつ回しましょう。肩甲骨周辺には褐色脂肪細胞が集中しているので、朝一番で刺激を入れておくと脂肪が燃えやすくなりますよ。また、朝食で1度体温を上げることができますが、そのタイミングで少しだけ体を動かすと、さらに体温を上げることができるでしょう。朝食後に縄跳びを2分するだけでも効果的ですよ。通勤時はいつもより少しスピードを上げるなど、自分でできることからはじめてみましょう。

冷え対策と睡眠中の代謝アップは必須

おなかをへこませたいと考えているのなら、冷えは厳禁です。特に腹部を冷やさないことが大前提ですが、ふくらはぎの冷えにも注意しましょう。ふくらはぎはポンプ的役割をしていますから、ここが冷えて筋ポンプの機能が低下してしまうと全身のめぐりが悪くなります。特に女性は末端冷え性の人が多いので、ふくらはぎをしっかりと温めて、下半身の血流をよくすることを意識するといいでしょう。かかとの上げ下げを日常的に意識しておこなうといいですよ。また、冷え対策のためだけでなく、睡眠中の代謝を上げるためにも、可能な限り毎晩湯船につかりましょう。睡眠中は昼間より体温が下がりやすいので、注意が必要です。数字にすれば微々たるものかもしれませんが、積み重ねることによって、おなかの脂肪に確実にきいてきますよ。

品川美容外科の死亡について詳しく