眠るだけでキレイになる!?その秘訣は良質な睡眠にあり

現代に多い睡眠不足とお肌のトラブル

お肌のはりがなくなっていたり、くすんでいたり、化粧ノリが悪かったり、睡眠不足の翌朝はテキメンに体調やお肌に現れるものです。睡眠不足になる理由はいろいろありますが、スマートフォンやネットゲームなど、現代は睡眠を妨げる障害が多いのもその原因ですね。また、ジメジメ蒸し蒸しした夏なども睡眠不足で体調や肌の不調を訴える女性が多く出てきます。

質の高い睡眠を取ることがお肌に良いとはわかっていますが、なかなかそうもいかないのが現代生活。ひょっとして良質な睡眠を取れないのはあなたの寝室にも原因があるのかも知れませんよ。

眠り始めの3時間が美肌をつくりだす

人は眠り始めの3時間を良くすることで体調やお肌の調子も上向いてくると言います。寝てすぐの3時間はノンレム睡眠と呼ばれる深い眠りが訪れています。この深い眠りの時に美容と健康に良い効果を促す成長ホルモンが盛んに分泌されています。ですから、この3時間をいかに快適に過ごすことが出来る室内環境にするかがとても大事なポイントになってくるのです。

理想の睡眠をサポートするアイテム

快眠をするには部屋の清潔さがまず大事です。特に布団はダニなのど温床になりやすいので天日干ししたり、布団クリーナーでダニをやっつけましょう。寝具に湿気は禁物です。干す場所がない場合などはベッドヘッドや椅子に掛けて、扇風機で風を当てると良いでしょう。

枕も快眠には重要なアイテムです。低反発ウレタン・ビーズなどの枕素材、枕の高さ・柔らかさ・形状など、自分に合った枕を見つける事が大切です。最近ではデパートなどにも枕専門店が増えてきています。自分の頭の形状や使い心地などから自分の頭にフィットした理想的な枕が見つかるので、一度機会があったら覗いてみると良いですよ。

品川美容外科の告訴まとめサイト